切迫流産の原因

切迫流産とは?どんな症状があるの?

 

自分が妊娠するまで、聞いたことがない人も多い「切迫流産」。
私も妊娠中切迫流産になった一人です。

 

切迫流産とは、簡単に言えば妊娠中に流産しかかっている状態のことです。
切迫流産と聞くとついつい焦って心配になってしまいますよね?
でもしっかり気を付けることができれば大丈夫です。

 

切迫流産は実は、かなりの確率で妊婦さんがなってしまう症状なんです。
妊娠初期に多く見られがちですが、中期や後期にも見られるので、妊婦であるうちは常に気を付けておきたい症状でもあります。

 

ここでは、切迫流産の症状について見ていきます。


 

 

切迫流産の症状:出血|出血あり?出血なし?出血量は?

切迫流産の症状

 

切迫流産と聞くとちょっと怖い印象を受けますよね。
症状としての出血はあるのかないのか?について見ていきましょう。

 

 

切迫流産場合でも、症状が比較的軽い場合には腹痛もなく、おりものが出る程度です。
逆に出血と伴うと言う事切迫流産に中でも症状が重い場合になるようです。
この際腹痛も伴います。
月経のような症状がありますし、何日も続くこともあります。

 

切迫流産の症状
妊娠初期に赤ちゃんに栄養を送る為に血管が多く作られるのですが、この血管の一部から出血することもあります。
また、胎盤の一部がはがれてそれが出血の原因となったりもします。

 

 

出血量は実際にどのくらいかも気になるところですよね。
実際に少量の出血で収まる場合もあるようですが、生理初日に近い出血量を伴う場合もあります。

 

 

このような出血になる原因は胎盤からの出血である事が多いので、緊急入院となることもあります。
ですが、出血量が多いかと言ってお腹の赤ちゃんに影響が少ない場合も多いので、その見極めは素人にはできません。

 

 

 

出血を伴ったらまずは医師に相談しましょう。


切迫流産の症状:腹痛

切迫流産の症状で一番多いのは出血ですが、二番目に多いのが腹痛です。
お腹が痛いな?と感じた場合にも切迫流産と診断される場合があります。

 

腹痛も個人差があるので、痛いと感じている場合はもちろんですが、

 

 

少し違和感があるなあ…


 

 

と感じる程度など痛みのレベルは様々です。

 

 

出血と同じく、痛みがあったら産婦人科で相談しましょう。