切迫流産の安静、いい体勢はある?楽な寝方は?

切迫流産の安静、いい体勢はある?楽な寝方は?

 

切迫流産と診断をされて、自宅で安静、もしくは病院で安静にするように言われることは少なくないですよね。
「安静」というとただ横になっていればいいのかと思う人もいますが、そうではありません。


 

切迫流産で安静にする時の体勢
意識するのは、お腹に力が入らないように横になっておくということです。
安静の程度は、医師の判断と状況によって異なります。
でも、基本的にはイスなどに静かに座って過ごすのではなく、横に寝た状態をいいます。

 

 

これは、重力によって自然と子宮口に力がかかるのを防ぐためなんですね。
重力を感じない姿勢というのは、横になって臥床した姿勢が一番なのです。

 

 

また、横になった時に、腹部を緩める体勢というのがあります。
仰臥位といって、横を向いて、膝を軽く曲げた状態です。
この体勢は腹部に負担がかかりません。

 

切迫流産で安静にする時の体勢
横向きになった時に、上側の腹部が伸びるので嫌だ、また上側の股関節が痛いという人もいます。
その場合は、膝の間に抱き枕を抱えます。
上側になった股関節が過度に曲がらないように注意をするといいでしょう。